評判の良いクリニックでエラ削りの整形をして自分を好きになれました

嫁に行けるか心配になるほどに角ばった顔

エラ削りのオススメ病院美容医療&整形の相談・名医紹介

嫁に行けるか心配になるほどに角ばった顔絶望の中に見出した希望勇気を出して踏み出した一歩

両親ともにエラの張った顔だったせいか、私は小さい頃から野球に使用するホームベースのようなエラの張った男みたいな顔をしていました。
幼稚園生の頃の私の顔を見た田舎に住む父方の祖父母は、「こんな顔でお嫁に行けるのだろうか」と本気で心配していたほどです。
両親も私の顔のことを祖父母と同じように心配して、どうにか顔をもう少しまともな形に出来ないものかと、赤ちゃんの頃から幼稚園生いっぱいの期間は何かと色々な対策を講じられました。
両親が自分たちで考えた無茶な方法の中には、硬めのタオルで私の輪郭を頭からぐるりと覆ってきつく縛るというものがあり、それをされた時はとても辛かった記憶があります。
小学生になると明らかに自分の顔が周りの女子生徒たちと異なっていることに気付き、私は絶望しました。
集合写真を撮っても自分だけが男のような顔つきをしていたせいで浮き上がって見えました。
そう感じていたのは私だけではなかったようで、小学校高学年になる頃には周囲からエラの張った顔のことで馬鹿にされるようになりました。
それは次第に、所謂いじめというものとなり、私は小学校の最後の一年間を家の中で過ごす羽目となりました。
中学校は小学校時代の友達が一人もいない離れた場所にある学校に通いました。
そこには私のことを知っている人は一人も居ませんでしたから、新しい気持ちで生活を始めることが出来ました。
しかし新しい環境に慣れてくると、やはりクラス内で私の顔のことを「ブスだ」・「男みたいだ」と馬鹿にする人が表れ始めました。
私は悔しくて悔しくて仕方がありませんでした。
私だって好きでこの顔に生まれてきたわけじゃない。
出来ることなら人生をやり直して、もっと可愛くて綺麗な顔で生まれてきたかった。